いやまいった。そこはツボ。

ツボを押さえてくる丸山さんに終日夢中。

関ジャニ∞はだれのため

 

 

 

一番長く色濃い、

関ジャニ∞での時間

 

それを何よりも大切に思ってきたのは

彼だったのかもしれないよ

 

愛しすぎていたから涙も出たし、

愛しすぎていたから超えようとおもったし、

愛しすぎていたから無理にでも6人でライブをやろうとしたのよね

 

ふと思ったの

誰のために、ここまで彼がやってきたか。

自分のためではないか。

関ジャニ∞でいた時間を何より愛してきた、

自分自身のために。

彼はやってきたのではないか。

 

もちろん、関ジャニ∞を続ける理由を

私たちファンの為に

関わるスタッフの為に

お世話になっている各所の為に

そう考えるメンバーもいる

 

それはそうだ。

 

関ジャニ∞は僕らだけのものじゃない

 

それもそうだ。納得。

 

だけど

彼は、ただ必死に

誰のためでもなく

 

自分のために

 

関ジャニ∞を本気で全身全霊かけて

あがいて

もがいて

何が何でも過去から未来へ

連れていきたかったのかもしれない

 

その

限界がくるまで。

 

ここまではしがないヲタクのひとりごと。

 

 

錦戸亮

 

あなたはいつまでも私たちの誇りです

 

あなたが必死で見せてくれたもの

忘れない

 

がんばってくれて

ありがとう

 

 

 

 

 

初めまして 渋谷すばる

 

動画の中の彼は、ふしぎな音色の楽器を演奏しているところを見ていました。

 

ちいさな子供たちが走り回る様子を見ていました。

 

鉄道の中で何かマイクのようなものを持っていたり、所々で携帯をかざしたりしていました。

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーブレイク、生活音は実際の音をすばるくんが録音したっていう話を思い出した。

 

ここからは全く私の想像だけの話なんだけど

 

すばるくん、

いろいろな音を聞いて、それらを集めているのかな。

 

 

6人の音と離れた彼が、

新しい音を探しに出かけているみたい。

 

音をみつける旅

音をあつめる旅

 

もしもそうだとしたら、なんて素敵でワクワクする旅なんだろう。

 

  

あなたが笑顔で生きていてよかった。

 

さびしくてうつくしい。

春ってこういう季節だよね

 

 

あのシンプルで美しいサイトで公開された

あの動画に登場する

あの男を、生まれて初めて見る人間が羨ましい。

 

 

そんな思いをこめて

 

初めまして 渋谷すばる

 

 

 

 

 

 

ジェンダー観ってなんだっけ

 

 

新春クロニクルを見た。

 

うん

へー。

ふふふっ

うわ、

うわー。

へえ。

 

感想としてはこんな感じだった。

深夜にロケバスで道を走って、駆け下りて女性を追いかける、その手法は良くない。

シンプルに怖。と思う

 

だから問題提起されて苦言呈されているんだろうなーと。

 

ところが

 

「女性を年齢や見た目で判断」

 

「彼氏の有無に関する質問」

 

からの

 

関ジャニ∞

   ジェンダー観をアップデートできてない問題」

 

 

 

え。そこ苦言呈す?

お宅が?(オタクが?)

 

 

ジェンダーってそもそも何?

 

 

ジェンダー【gender】 生物学的性別や性差を意味するセックスsexに対して,社会的文化的に作られた性別や性差を意味する言葉。〈 男らしさ〉〈女らしさ〉など,社会通念において一般的な固定的な性別観・性差観を意味することもある。

 

ーーコトバンクより引用

 

 

 

社会の中で

男と呼ばれる性

女と呼ばれる性 

 

それぞれに対するイメージの決めつけや

扱いのことを言っているのだとしたら。

 

オタクがアイドルに対して

ジェンダー観をアップデートしろって、時代遅れだって、

え?ギャグですか?って思います

 

私が今まで

目にしてきた呟きを挙げてみてもいいですか。

 

「女抱いた後の顔だわ」

 

「顔がエロい」

 

「〇〇は女を抱いた日の翌朝〜しそう(みたいな妄想)」

 

「完全にAV」

 

 

こちら

一語一句同じではありませんが、

先ほどジェンダー観をアップデートしろなどと苦言を呈していた人たちが呟いていた内容です。

 

 

さんざん自分好みの外見をしたアイドルを性的消費し、日々興奮し、お楽しみになられているのに

 

 

よくもその相手に。

 

ジェンダー観をアップデートしろ

時代錯誤だ

 

などとご指摘できますね。

 

 

もちろん私も日々アイドルによるエンターテイメントを自分の好きなように消費し、楽しんでいます。

 

だからこそ、

ジェンダー観については

耳のいたい話だなと思っていたところ。

 

え?あなたが言っちゃいます?というひとがわんさか現れたので衝撃を隠せません。

 

とりあえず私は今回の事で自身のジェンダー観を自省しようと思いました。

 

はい。自己を省みます。

取り乱してすみませんでした。

 

 

 

アッチは影響力ある芸能人、

コッチはパンピーなのよ、比べないで頂戴

 

 

などというクレームは受け付けておりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安田章大

先日 9月11日は、

安田章大さんがこの世に生まれ、

そして34歳を迎える誕生日でした。

 

安田章大さんについて考えるとき、

神さまみたいなひとだとか、徳が高過ぎるとか、次元が違う、とか、同じ人間として彼のことを扱うことができませんでした。

 

尊敬の域を超えて、もう、気安く触れることができない高尚なひと。

 

でも多分、私のその扱い方は間違っていると最近気付きました。

 

彼と自分は別。と考えるんじゃなくて

安田章大に見える極彩色の世界に触れたとき、私はその壮大さにただ恐れおののくのではなくて、共にその世界を想像し、周りを見つめ直し、自身を改めて見つめ直してみようって、最近やっと思えるようになりました。

 

周りを見つめ直す。自身を見つめ直す。

 

それは何というか、難しい話じゃなくて

私が私に生まれたからには、

 

”もっと”触れて、

もっと見て、

もっと考えて、

もっと笑って、

もっと泣いて、

もっと生きようって、

 

抽象的だけど、もっと、

私を、生きてみようって

 

安田章大さんを想う時、必ず最後にはそう考えるようになりました。

 

ありがとう。

 

私は海が好きです。

大きくて広くて、時に計り知れない怖さを感じて、時に穏やかで、でも海は海としてそれ以上でもそれ以下でもなく、人も、大地も、魚も、鳥も、動物も、草木も、全てを受け入れて、ただそこに静かに存在している。

涙が出るほど美しいその姿を、

脳裏に浮かべるときに

いつ頃からか安田章大さんを想うようになりました。

 

あなたはそういう人なんです。

 

これからの時代を、共に生きていける今が、

嬉しくて、仕方ないです。

 

私は今この瞬間、とても幸せです。

これは紛れも無い事実で、

 

 

この先どんな人生が待っていたとしても

 

 

私はこの事実を決して忘れないでしょう

 

 

あなたが大好きです。

9月12日 水曜日 16:05

 

 

 

 

 

 

 

宣誓

 

 

 

 

 

誰の目にも止まらなくても、

たった一人ここに、魂をかけた宣誓をしようと思う

 

 

わたしは人生を180度あの人らに変えてもらいました。

 

いつでも死んでいいやって思っていました。

いつも不機嫌。いつも無気力。

毎年、12月の終わりには今年もなんにもなかったな、つまんない人生、つまんない私、

って思っていました。

 

 

けれど

関ジャニ∞を好きになりました。

 

私が好きになるずっと前から、どうやらそこには幸せがありました。その幸せを、私も毎日輪の外で見るようになりました。

でも毎日その幸せを見てると、何かと笑っているようで、その大体はくだらなくてアホなことだという事に気付きました。でも幸せそうなんです。それがほんとにおかしくて、私も毎日笑うようになりました。

毎日笑うようになったら、なんだか私も毎日楽しくってしょうがなくなりました。

毎日楽しくってしょうがないから、色んなことにやる気が出てきました。

色んなことにやる気が起きて、色んなことを試していたら、自分を少し気にいるようになりました。

自分を少し気にいるようになったら、それからはどんどん自分を好きになりました。

自分を好きになったら、正直になりました。

正直になったら、周りの大切なもの、大好きなのものを真っ直ぐに見つめられるようになりました。

真っ直ぐに見つめたら、真っ直ぐに愛せるようになりました。

 

 

そして12月の終わり、わたしは外から見ていた幸せが、自分の中にあることに気付きました。 

 

 

ところが春の日

私の大好きなもののなかにいた、

彼が、大好きなひとが、彼と私の大好きなひとたちとを引き換えに、彼の大好きなものを追いかけていってしまいました。

 

私が見ていた幸せと、私が得てきた幸せは全て虚像でした。崩れ去りました。

 

 

ありがとう ありがとう

今までどうもありがとう、ありがとうございました。 さようなら。

 

なんて、なるわけない。

 

 

 

そんな簡単に終われない。

見てきた幸せも得てきた幸せも、全部
本物としてここにあったんだわ。

美談とかじゃなくって、

本当にあったんだわ。

そして今も確かに、あるんだわ。

 

崩されるほど脆くなかった

本当にそこに確かにあった

そして今もそれはある あり続ける。

 

 

渋谷すばる

こう言われるのが本望でしょう。だから言います。あなたはもうアイドルじゃない。関ジャニ∞の不動のセンターでもない。メインボーカルでもない。目が醒めるようなあの赤色でもない。自分でそれを選んだ。どこまでも自己中で本能のままだった。勝手な男。目に余るほど分かりやすく態度が出るし、ファンサなんてしたら絶滅危惧種のような扱い。生放送では今日のご機嫌は?なんて、お姫様みたいだった。

 

でもね皆あなたが好きだったよ。

大好きだったよ。

皆好きだから選べないって言ったあなたが

友達は6人と答えたあなたが

こいつらほんま嫌やって笑ったあなたが

同じご飯を食べたがったあなたが

痔の薬塗らせようとしたあなたが

本番前にハグするあなたが

サイズがぴったりだと喜ぶあなたが

たらこスパゲッティを作ったあなたが

機内で手を握りしめたあなたが

 

あなたの話で6人の話をするあなたが

フトコロノカタナが、それが

メンバーだと言ったあなたが

 

好きですよ。大好きです。ありがとう

悪口いっぱい言われる方がマシだった? でも絶対忘れたくないんだよね、これ

 

不動のセンターが メインボーカルが、確かにそこにいた 射抜くような目をした、はっと目を引く鮮やかな 赤色の彼がいた。確かにそこにいた。 絶対忘れたくないんだよね、これ

 

ありがとう

関ジャニ∞を 好きでよかった。

 

私が掴んでいたのは確かに7人の手だった。
絶対に7人の手だった。忘れない。

私はそれを絶対に忘れないよ。忘れないよ。 忘れない。し、これからも大切にしていくのだろう。

 

 

でも、わたしがこれから先、掴むのは、6人の手だ。

 

 

うん

 

6人はこれから苦労するだろうよ。

背負うものが増えたかな

不安だってあるだろう

苦虫だって何匹も噛み潰すだろうね

 

うん

 

そんなの本人らが一番分かってんだわ。

 

それでも関ジャニ∞をね、やるってさ。

言ってんだわ。

 

もう何を信じればいいのか分からないって、 いつかまた同じことが起こるかもしれないって、そうだね、分かんない 誰も分かんない

でもね オマエ、そこのオマエ、もう傷つきたくないオマエ、私だよ、私

 

その何倍も何百倍も傷ついて苦しんだ関ジャニ∞がね、

 

あの6人がね、

今、たった今ね 現在進行形でね

 

俺ら関ジャニ∞やりますって言ってんだわ。

見栄でも意地でも威勢張ってでも不安を噛み殺しても

関ジャニ∞やるって言ってんの。

 

 

本人が言ってんだよ。だったらね

 

 

私は地の果てまでも這ってでも追っかけてやる

あんだけ私の背中をぶっ叩いて煽ってきてそのくせどうしようもないタイミングで手を差し伸べてきた関ジャニ∞を、どこまでも追っかけてやる

 

私はね、まだまだ笑いたい 馬鹿笑いしてるあなた達を見て馬鹿笑いしたい
あの人らほんと頭おかしいって言いたい いい歳こいてって涙も出ちゃうくらい

時に共感されない可愛さに悶えたいたまにかっこいい所見てずるいって思いたい実はいつもかっこいい事を知っていたい

 

最低だと手を叩いて笑うし

最高だと手を叩いて讃えるよ

 

 

 

すんません 俺らもう無理です

って

あなた達が言うまで  私はついてくよ

そのときまで、大好きだって何度も言うよ

そのときが来ても、好きでよかったと思うよ

 

 

私を強くしてくれたのは関ジャニ∞

 

 

 

 

 

 

【関ジャニ∞が学校の先生だったら】

 

 

 

【】....もはや妄想注意記号

 

ようやく現実の丸山さんについて語れたと思ったのに。

また今日も、

私の湧いた脳が覚醒してしまったようだ。

なけなしの記憶をフル稼働!

 

 

関ジャニ∞が学校の先生だったら〜

 

 

横山先生。 化学

黒縁めがね。黒髪。大抵シャツにスラックス。基本無言でテスト返すんだけど

たまに「結構できるんやなー」とか言ってくるからずるい

 

問題集解いてる時間に生徒の机回るんだけど、素っ頓狂な答え書いてるとフッって鼻で笑って「ほんまにそれか?」って言われる 軽率に恋

 

校舎の下から見える給湯室で、眼鏡かけてない横山先生がインスタントコーヒー作ってる所を見てしまった生徒はリア恋行き

彼女いるのかな?

 

 

渋谷先生。社会

トレーナーにジャージとかで結構ラフ。

部屋着か。みたいな

セットしない前髪が幼く見える。

板書適当。

「ここは書かんでも分かるやろ」

「何でもええよもう」

「はよ帰りたいわー」

「晩飯何食おかなー」

「爪切ろ」

『先生うるさいww』「えー?!何ー?」

『その独り言やめてくださいほんまにw』

「ごめん記憶ないわー何か言うてた俺?」

「歳だわー」

めっちゃ笑わせてくる。

教師らしくない。自由人。

 

黒板見えない〜〜ってなってたら

ガン見されてると思ったのか

「ん?笑」ってらしからぬ微笑みを浮かべられて軽率に恋

 彼女いる

 

 

村上先生 体育 

村上がさ、とかって裏で男子に呼ばれてるけどめっちゃ好かれてる めっちゃ仲良い 

一部にはおかんとも言われているウケる

口癖の「誰がおかんや!」って言う物真似は生徒の鉄板ネタ

 

朝のあいさつの声がでかい

サッカー部の副顧問。

「ちっさい!もう一回!」って

よく言われてるサッカー部。

よく尻叩かれたり絡まれてるサッカー部。

その輪の中に入りたくなる。

 

プールの授業で「生理でーす」って

何週間も休む女子軍団に

「ええ加減にせえよ!!次休んだらプール落としたるわ!」って言う

「女子にする事じゃなーいw」

「ほんだら姫だっこで落としたるわ」

「きゃー(笑)全然キュンとしなあーい(笑)」

 みたいな

 

生徒からの目撃情報が謎に多い 

長く付き合ってる彼女がいるらしい

先生ほんま?!って聞くと

「どーーーでもええやろ!(笑)」って頭ぽんとされて、人知れず失恋した生徒がいるとかいないとか

 

 

丸山先生 体育

 

たまに村上先生と体育やってくれるけど

基本 座学。保健体育担当。

男子がニヤニヤざわざわし始めると

「ザワつかない(笑)照れるけどー!こういうのはちゃんと学んどかなあかん事やからねー」

って言う。 

 

寝てる生徒には「大丈夫かぁ?」

「体調悪いん?」って小声で囁く。何かやらしーよねって女子生徒に言われている

 

テスト返しの時にあまりにも悪い点数だと

「何点だと思うー?」とか

「自分では結構できた感じ?」

とか真顔で聞いてくるからたまに怖い

 

さらにはプールの授業、村上先生と違って

「ふーん」

「何も聞かへんけどさあ そろそろ入った方がええんちゃう?」とこちらをノールック&真顔でバインダーにチェック付けながら言うからたまに怖い

 

私ちょっと丸山先生ニガテ(笑)派と

えー嘘?普通に優しくない?派がいる

 

廊下は結構早足で歩く

私生活が謎 

 

大倉先生とたまにラーメンたべいってるらしい

 

彼女いない 

 

 

 

錦戸先生。英語

 

黒縁眼鏡。すごいスムーズかつ要領の良い授業。

誰も寝ない。寝かせない何かがある

「誰か分かるひとおるー?」2秒で

「じゃあ当てるなぁ」

でも分からなくても絶対怒らない

困り顔で

「うん、いいよいいよこれはな、」って教えてくれる

 

机回ってて、分からない生徒に教える時

「ちょっとペン貸してくれる?、....何かキラキラしてんねんけどさ笑」って激ファンシーなシャーペン持って照れるにっきど先生可愛いーーーー

 

チャイムと同時に

「はいじゃ今日はここまで!」

秒で挨拶、「じゃね!」って退室

廊下とか超颯爽と歩ってる。丸山先生と互角。

 

めっちゃアウトドア。たまにサーフィンに行った事を楽しそうに話してくれる

「うわーーー興味ないよな、何かごめんな!笑」って言うけどもっと聞かせてーーーってなる

 

彼女いない。最近ふった

 

 

安田先生。生物

 

銀縁眼鏡。めっちゃ変わってる。何がって言われたら困るけどめっちゃ変わってる。って生徒は言う。

生徒より先に「おはようー。」って目を見て言ってくる 

職員室でエビ飼ってる

ふいに思い出したように昔飼ってたハムスターの謎のエピソードを話してくる

いつも笑えばいいのかどうなのか微妙なラインを攻めてくるので本当に謎

 

そのエピソードが豊富すぎてどんだけ好きやってんって生徒の間で話題

 

 

「ミジンコって結構大きいんですー」

「これはねーゾウリムシ言うんですー」

よく出るですます口調。物真似得意な生徒が居る。

 

無意識で距離が近い。「ちょっと貸してなー」って眼鏡はずして、

顕微鏡のピント合わせる横顔は

めっちゃ目が綺麗だし彫り深いし隠れイケメンやんみたいな。えっ香水?なんかいい匂いする...気のせい?

ふいに見えたピアス穴にドキっとする。

この人こんな感じだっけ....えええ

視線に気づいて「どしたー笑」って超ハンサムな笑顔で言われるから 射抜かれる

 

たがしかし。彼女いる

 

 

大倉先生。数学

たっちょんって女子に呼ばれてる

「先生やろ〜(笑)」って怒らない

超マイペースな授業。

「こないだラーメン食べ行ってんけど〜」って生徒が問題解いてる最中話し始めたりする

 

背後に立たれると怖い。(背高いから)

何何何、と思ってると

「なにを聞いてるん(笑)だいぶ間違ってるで(笑)ここはさぁ」って教えてくれるかっこいい

図形とか書くの意外と丁寧

〇〇さんってさ〜ってあまり喋らない生徒の名前も意外と知ってる 急に話しかけてくる

軽率に恋 

 

給食大好き。俺これ食べる為に先生なってん(笑)とか言う。笑顔眩しすぎて角膜やられる。

 

彼女今はいない

 

 

 

〜小ネタ〜

 

 

 

渋谷先生が作る定期テスト

最後になんか(おもろい事)書いて、

みたいな空白がある 。

 

時間無くて

昨日の晩ごはんタコライスだったんですけど、今日の給食タコライスってこんなことあります?

ってしょーもない事書いても

メキシコなんやと思うわ。

おれはオムライスが食べたい。

って返事くれる。胸キュンでしかない。

 

 

 

試験監督の当番で来た丸山先生を問題解き終わったあとに見ると

教卓の椅子に足組んで座ってて、一点見つめてぼーっとしてる 何考えてるんやろと思って見てると目が合う

そしてそのあと逸らされたい 伏せた目線、その顔が超絶かっこいいから